FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛や肩こりは眼瞼下垂のせいかもしれません

テレビや新聞で「眼瞼下垂」という言葉を聞いたことはありませんか?
普通はぱっちり開いているまぶたが下がってきてしまい、瞳孔にかぶさっている状態を「眼瞼下垂」と言います。瞳孔とは眼球への光が入る穴で、いわゆる黒目の中にある真っ黒の部分です。瞳孔が隠れると、目に手をかざしているような形になり、いろいろなものが見えにくくなります。

眼瞼下垂にはいろいろな原因がありますが、多くは加齢によるものです。原因については次回の更新でお話しします。

眼瞼下垂がおこると、体はどのようになるでしょうか? 眉毛の下に手をあてて、目に手をかざしてみましょう。とても見えにくいですよね? そのまま頭を後ろに傾けてください。少し見やすくなりましたか? 次は手で眉毛を持ち上げてください。視界がひろがりましたか?

眼瞼下垂の方は目を見やすくするための代償作用が働き、首の後ろが収縮して顎を持ち上げる姿勢になり、眉毛がぐっとあがります。この姿勢をずっと続けてみましょう。肩こりや頭痛の原因となります。眼瞼下垂の方は無意識にこの姿勢となってしまうため、とても体が疲れてしまいます。眼瞼下垂を治療すると、「体がすっきりした」と喜ばれる方が多いです。

次回は、原因と治療についてお話しします。

スポンサーサイト
プロフィール

三和病院|形成外科

Author:三和病院|形成外科
千葉県松戸市 医療法人社団鼎会 三和病院|形成外科のブログです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。