FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は眼瞼下垂症の原因と治療

さて、今回は眼瞼下垂症の原因と治療についてお話しようと思います。

原因は主に二つ、皮膚のたるみとまぶたの筋肉のゆるみです。

歳を取るにつれ、顔にはたるみがでてきますね。
まぶたの皮膚も同じようにたるんできます。
特に外側がたるみやすく、若い頃は垂れ目ではなかったのに垂れ目になった、運転時に後ろを見ようと振り返っても見えづらい、といったことが起こります。
まぶたを軽くつまんでみると見やすくなりませんか?
これで見やすくなる方は、余った皮膚を取るだけでもかなりすっきりします。

まぶたには、まぶたをあげるための筋肉が付いています。
その筋肉は「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」というものです。
眼瞼挙筋はまぶたと薄い膜でつながっていて、その膜を「挙筋腱膜(きょきんけんまく)」といいます。
挙筋腱膜も加齢とともにやはり伸びてきてしまいます。
ハードコンタクトの使用歴が長い人では40歳くらいから挙筋腱膜が伸びてしまうことによる眼瞼下垂症を起こします。
挙筋腱膜が伸びると、眼瞼挙筋がどんなに引っ張っても効果が薄くなり、結果まぶたをあげることができにくくなります。
眼瞼挙筋だけでまぶたをあげることができないと、おでこの筋肉「前頭筋(ぜんとうきん)」で代償しようとします。
おでこに深い横ジワがある方や、若い頃よりも眉毛の位置が高くなったという方は、この代償機構使って頑張ってまぶたをあけています。
試しに目を閉じて、眉毛を両方の人差し指でグッと固定してから目を開けようとしてみてください。
開きづらいですか?眉毛がぐっと動きましたか?
そうであればゆるんでしまった挙筋腱膜を短く縫い直すことでまぶたが開けやすくなります。
前頭筋を使う必要もあまりなくなるので、頭痛や肩こりが改善される方も多いです。

洗顔も手術翌日から可能です。
ですが、腫れや出血の心配から一泊入院をお願いしています。
腫れは大方1-2週間で改善しますが、二重の幅など、微妙な腫れが落ち着くのは3ヶ月から半年かかります。
皮下出血は2週間程度で大方消えます。
手術1週間後外来で抜糸し、その後の様子を1ヶ月目、3ヶ月目、できれば6ヶ月目まで診せていただいています。

当院でも手術をすることは可能です。
保険もきくことがほとんどです。
手術をされた方には、楽になった、早くやればよかったと喜んでいただけています。
気になっている方は一度受診してみてください。
スポンサーサイト
プロフィール

三和病院|形成外科

Author:三和病院|形成外科
千葉県松戸市 医療法人社団鼎会 三和病院|形成外科のブログです。

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。